不動産投資

不動産投資のメリット・デメリット

こちらのページでは、不動産投資のメリット・デメリットや始め方、おすすめの会社についてまとめています。

不動産投資のメリット

1.比較的に少額から始められる

不動産物件(マンション・アパートなど)はローンで購入するため、初期投資額は頭金と諸経費のみで始められます。販売会社や仲介会社が、金融機関の信用を得ている場合には、頭金ゼロで借りることができるケースもあります。

2.安定した収入が得られる

収入は入居者の家賃。賃貸契約は通常2年更新で、入居者は年単位で長く住むことが多いため、入居者がいる限り長期的に安定した収入が得られます。また、ワンルームなど物件のタイプを選ぶことで、賃料低下による収入の減少を最小限に抑えるといったリスク対策もあります。

3.インフレや景気の影響を受けにくい

実物資産である不動産は、インフレや景気変動の影響を受けにくい資産です。インフレになった場合でも、家賃を値上げすることで収入を増やせますし、売却による売買差益(キャピタルゲイン)も期待できます。

不動産投資のデメリット

1.空室リスク

いくら良い物件を手に入れても、空室の状態では家賃収入を得られません。

2.売却に時間を要する

売却することでまとまったお金を入手できますが、新しいオーナーを探すために広告を出したり、売買契約をしたりなど手間がかかります。

3.家賃の引き下げリスクがある

景気変動の影響が少なくても、築年数により建物の経年劣化が進むと、家賃の引き下げや資産価値が下がる可能性があります。

不動産投資の始め方

不動産投資とは、マンションやアパートなどの不動産物件を購入して賃貸物件として貸し出し、家賃収入により収益を得る資産運用です。もちろん売却によって利益を得ることも可能です。

まず、投資物件を扱っている業者のホームページなどで物件情報を調べ、エリアや利回りなど気になる物件を紹介している業者に問い合わせるところから始めましょう。

購入物件が決まれば、収支計画を立て資金調達(ローン)の準備を行います。

不動産投資は、その物件の立地条件やデザインなど「ここに住んでみたい」と思えるような物件の価値が収益に直結します。

また、収支計画の立て方や売却を見据えた出口戦略まで、専門知識を持ったコンサルタントからアドバイスをもらいながら長期的にプランニングしていくことも大切です。

初心者に人気!不動産投資コンサルのおすすめ会社

みらいクリエイト

初期費用をリーズナブルに、表面利回りの高い物件を紹介

みらいクリエイト_キャプチャ

画像引用元:株式会社みらいクリエイト
(http://mirai-c.jp/)

不動産投資を少額から始めるなら、みらいクリエイトがおすすめ。頭金ゼロ、物件の価格交渉なども対応してくれるので、比較的リーズナブルに始められます。

また、初めて不動産投資を始める方には、収支計画やローンのアドバイスなど懇切丁寧に応じてくれますので、安心してスタートできます。

紹介する投資物件は、中古/新築ワンルームから中古一棟までさまざま。投資家の要望やニーズにあわせて紹介できます。

なお一棟マンションに関しては、直接オーナーに電話して、より安価な金額になるよう交渉した物件を優先して販売してくれるのも特徴。そのため、他の不動産会社が持っていない、かつ表面利回りの高い収益物件を提供してくれます。