国債

国債のメリット・デメリット

こちらのページでは、国債のメリット・デメリットについてまとめています。

国債のメリット

1.少額から始められる

日本の個人向け国債の場合、1万円から始めることが可能なので、誰でも簡単に始められます。

2.元本割れのリスクがない

元本と利息の支払いを国が保証してくれるので、安定した利回りを得ることが可能です。

3.保証の上限がない

金融機関の場合、1,000万円までしか保証してくれませんが、国債には上限がありません。そのため、いくら預けても元本は守られます。

国債のデメリット

1.日本の場合、金利が低い

日本の個人向け国債における金利は、銀行などに預ける場合とほぼ変わりません。海外だと1%を超えるところもありますが、為替変動によるリスクや財政破綻の危機がある国ほど金利が高いので要注意です。

2.換金できるのは1年後

日本の個人向け国債には、「固定3年」「固定5年」「変動10年」などの商品がありますが、中途換金も可能です。ただし、最低1年が過ぎないと換金できません。

3.国が破綻したら元本が保証されない

万一、国が破綻(デフォルト)した場合、国債は紙くずになってしまいます。財政破綻の危機がある外国債券などは、特に注意が必要です。

利回りが期待できる資産運用の種類を探す

国債で資産運用の始め方

日本の個人向け国債は、金融機関や証券会社などで購入できます。購入する際、口座を開設する必要がありますので、金融機関から購入するのもよいでしょう。

金融機関によってはキャンペーンを行っており、商品券などのプレゼントがあることも。こうした機会に購入するとお得です。

なお、金利はどの金融機関で購入しても変わりませんが、「口座管理料」を支払う必要がある金融機関もありますので、注意が必要です。

また、外国債券の場合は金融機関が指定されており、金融機関によって手数料に違いがありますので、手数料の低いところを選ぶとよいでしょう。

国債を購入するならココがおすすめ!

口座管理料のかからない金融機関

銀行のイラスト

個人向け国債の金利はどこで購入しても変わりませんが、口座管理料のかからない証券会社またはゆうちょ銀行で購入するのがベストです。特に、証券会社は手続も簡単で、スムーズに購入できます。

銀行でも、三菱UFJ信託銀行、三井住友信託銀行、埼玉りそな銀行などは口座管理料を徴収しません。

なお、一般的には「変動10年」の金利がもっとも高いのですが、マイナス金利が続く2016年現在、利率は固定と変わらなくなっています。最低でも0.05%は保証されますが、マイナス金利が続くと「変動10年」の国債は発行されなくなるかもしれません。