HOME » 貯める!増やす!資産運用の種類とメリット・デメリット

貯める!増やす!資産運用の種類とメリット・デメリット

初心者にオススメの資産運用一覧

ひとくちに資産運用といっても、さまざまな種類があります。そのなかでも、初心者が始めやすい代表的な資産運用の方法をまとめました。

預貯金

銀行や郵便局など金融機関の窓口で、誰でも簡単に口座を開けます。元本保証などリスクが少なく安全な資産運用の手法ですが、利息が低く資産が増えにくいのが難点です。

メリット 1.元本が保証される
2.少額から始められる
3.自由に引き落とせる
デメリット 1.利回り(金利)が低い
2.破たんすると1,000万円までしか保護されない
3.引き落とす際、手数料がかかることも

>預貯金について詳しく

国債

固定3年、固定5年、変動10年などの種類がある個人向け国債は、国が発行する債券。ゆえに信頼性の高い商品である一方、マイナス金利の現在は利息が極めて低い状態です。

メリット 1.少額から始められる
2.元本割れのリスクがない
3.保証の上限がない
デメリット 1.日本の場合、金利が低い
2.換金できるのは1年後
3.国が破たんしたら元本が保証されない

>国債について詳しく

外貨預金

日本はゼロ金利でも、外貨預金だと高い金利が期待できます。米ドル、ユーロ、ポンドなど種類も豊富で、為替差益を狙うことも可能。一方で手数料がネックになることも。

メリット 1.日本より金利が高い
2.為替差益が得られることも
3.分散投資にも有効
デメリット 1.元本割れのリスク
2.両替手数料がかかる
3.預金保護(ペイオフ)の対象外

>外貨預金について詳しく

投資信託

投資家から集めた資金を、資産運用のプロ(ファンドマネージャー)が運用し、利益を還元する投資信託。株のように勉強する手間もなく、初心者でも始めやすい資産運用の1つです。

メリット 1.実際に運用するのはプロ
2.少額から始められる
3.分散投資にも有効
デメリット 1.信託報酬がかかる
2.元本保証がない
3.景気の影響を受けやすい

>投資信託について詳しく

不動産投資

マンションやアパートなどローンで購入した不動産物件を賃貸として貸し出し、家賃収入を得る資産運用。比較的少額から始めることも可能で、パートナーとなる投資会社選びが重要なポイントとなります。

メリット 1.比較的に少額から始められる
2.安定した収入が得られる
3.インフレや景気の影響を受けにくい
デメリット 1.空室リスク
2.売却に時間を要する
3.家賃の引き下げリスクがある

>不動産投資について詳しく

株式投資

売買による利益以外にも、配当金や株主優待制度などのメリットもある株式投資。順調に利益を得るようになるには、本やセミナーなどでしっかり勉強をすることが大切です。

メリット 1.ハイリターンの可能性がある
2.配当金や株主優待制度が得られる
3.利回りは比較的に安定している
デメリット 1.景気の影響を受けやすい
2.予備知識を得るのに時間がかかる
3.倒産リスク

>株式投資について詳しく

FX

円、ドル、ユーロなど通貨売買によって利益を得る外国為替証拠金取引。レバレッジを使うことで、資金の何倍ものお金を運用できるのが魅力です。一方、損失が大きくなるリスクも。

メリット 1.少額で多額の利益を得る可能性がある
2.スワップポイントを受け取れる
3.取引は24時間可能
デメリット 1.レバレッジリスク
2.為替変動によるリスク
3.金利変動によるリスク

>FXについて詳しく