HOME » 【特集】初心者のための資産運用の始め方 » 資本金500万円~の場合

資本金500万円~の場合

500万円から確実に増やす運用法とは

日本株で着実に増やす

株を見ている人のイラスト

手元に500万円の資金がある方におすすめの資産運用といえば、やはり株式でしょう。

500万円のうちの一部を割安になっている銘柄に投資し、株価が上がるまでじっくり時間をかけて待つというスタイルで望めば、安定したリターンが見込めるでしょう。資産運用(投資)が初めての方は、比較的リスクの高い海外株やFXよりも日本株がおすすめです。

とはいえ、日本株でもハイリスクな一面を持っていますので、ある程度勉強してから始めるのが大切。また、集中投資は禁物です。できるだけ分散して投資するようにしましょう。

分散投資のひとつとしてFXも

株などである程度資産運用(投資)に慣れて来たら、FXにチャレンジしてみるのもよいでしょう。

FXは、レバレッジを使って少額の証拠金で多額のお金を運用できるのが魅力のひとつ。ただし、レバレッジは多額の利益が得られる反面、損失を出すと証拠金以上の金額を支払わなければならないリスクもあります。損失を軽減できるロスカットなどのリスクヘッジを行い、証拠金以上の損失を出さないように注意しましょう。

また、FXの取引は24時間いつでもできる点も魅力です。

ミドルリスク・ミドルリターンの不動産投資

分散投資ではなく、安定した収入が得られる商品にまとめて投資したいという方には、不動産投資がおすすめです。

不動産投資とは、マンションやアパートを購入して賃貸物件として第三者に貸し出し、家賃収入を得ていく資産運用の方法です。

「500万円でマンションが買えるの?」と思われるかもしれませんが、基本的にはローンを組んで購入し、家賃収入の一部で返済していくというスタイルですから、先行投資額は頭金と諸経費のみ。500万円あれば、1,500~2,000万円くらいのワンルーム一室でも購入が可能でしょう。

不動産投資にとっていちばんのリスクは、空室になることです。収入は家賃ですから、入居者がいなければお金が入ってきません。このため、立地条件や建物のデザイン、管理状態など好条件の物件を購入することが重要になります。

初心者の場合、なかなか難しい点もありますが、不動産コンサルティング会社など信頼できるパートナーを味方につけて、資産運用のプランニングを始めるのが賢明でしょう。

初心者でもわかりやすい不動産投資の始め方を解説