SBI証券

個人向けシェアNo.1「SBI証券」の特徴

SBI証券_キャプチャ

画像引用元:SBI証券
(https://www.sbisec.co.jp/)

SBI証券は、ネット証券としては業界最大手、個人向け取引は国内No.1の証券会社です。国内外の株式や投資信託、債券、FX、保険、個人型年金など多様な商品を扱っており、さまざまなニーズに適した資産運用の方法を提案してくれます。とりわけ投資信託は、国内外あわせて5,000本以上の商品を扱うなど、SBI証券が注力している分野です。

店舗サービスも全国展開

SBI証券はネット証券でありながら、全国150拠点以上の店舗を展開していることが特徴のひとつです。利用するには事前予約が必要ですが、お金のプロが資産運用に関するさまざまな悩みに応えてくれます。しかも無料です。

店舗名は「SBIマネープラザ」という名前のほか、フランチャイズのような形式で各地のコンサルタント会社でも提供しています。

 

業界最安値水準の手数料

ネット証券のメリットは、手数料の安さ。もちろんSBI証券も低価格に抑えています。

SBI証券では、1つ1つの注文で手数料が決まる「スタンダードプラン」と、1日の売買金(約定代金の合計)で決まる「アクティブプラン」という2つのコースを用意してます。

このうちアクティブプランは、定額で1日何度でも取引ができるというコース。手数料は、約定代金の合計が10万円までなら96円(税込103円)と破格です。

なお、アクティブプランを利用するには、さまざまな条件があります。詳しくはSBI証券でご確認ください。

無料で利用できる投資情報が豊富

銘柄情報や為替情報はもちろん、投資信託会社の分析レポートや企業レポートなど、外部会社が作成した資料なども無料で閲覧できます。口座を持つだけで、投資に関するあらゆる情報が手に入るという点は、SBI証券の魅力のひとつでしょう。

資産運用初心者が利用したい相談パートナー5選

SBI証券で相談できる資産運用メニュー

債券 個人向け国債や外貨建て債券、社債など各種取扱い。SBI証券のサイトでは、これまで扱った債券の実績も紹介されています。
投資信託 国内外あわせて2,000種類以上、5,000本以上の商品を用意。さまざまなニーズに適したファンドを提案してくれます。
株式 国内外の株式、信用取引のほか少額でも取引可能なS株(株式ミニ投資)なども取り扱っています。
FX 20通貨ペアを取扱い。初心者向けにツールの使い方、取引のポイントなど教えるFXセミナーなども用意しています。

会社概要

会社名:株式会社SBI証券
本社住所:東京都港区六本木1-6-1