HOME » 資産運用の相談で頼れるアドバイザーガイド » 住まいと保険と資産管理

住まいと保険と資産管理

全国各地のFPが相談「住まいと保険と資産管理」の特徴

住まいと保険と資産管理_キャプチャ

画像引用元:住まいと保険と資産管理
(http://www.mylifenavi.net/)

住まいと保険と資産管理は、首都圏を中心に東北から中国地方まで展開するコンサルティング会社です。住まい、保険、資産管理など専門領域があるファイナンシャルプランナーが、資産運用に関するさまざまサポートサービスを提供してくれます。

 

全国各地のFPが相談に対応

住まいと保険と資産管理では、フランチャイズのような形態で全国各地にファイナンシャルプランナーが在籍しています。いずれのファイナンシャルプランナーも独立系で事業を行っており、中立公正な立場で投資家の資産運用をコンサルティングしてくれます。

なお、ファイナンシャルプランナーは金融資産、不動産、保険など6分野について熟知しており、資産管理や保険の見直しなどさまざまな希望や課題解決のアドバイスをしてくれます。

リーズナブルな価格

利用料金が安価な点も、住まいと保険と資産管理の特徴です。初回カウンセリングは3,000円。その後、総合サポートを受ける場合は月額5,000円~(最初の1年間限定)と、利用しやすい価格でサービスを提供しています。

初回カウンセリングで問題が解決した場合、その後のサポートを受けなくてもOK。また、サービスに不満がある場合は全額返金する保証制度も設けています。

ファミリータイプに絞った不動産投資

相談できる内容は金融商品全般のほか、不動産投資についても注力しているようです。こちらで扱っている不動産物件は、ファミリータイプが中心であることも特徴でしょう。

ワンルームを扱う会社が多いなか、なぜファミリータイプなのかといえば、出口戦略として売却を見据えているため。たとえ賃貸需要がなくなっても、ファミリータイプは売却しやすいという特質から、駅から徒歩10分以内、築5~20年のマンションをメインに扱っています。

なお不動産投資については、公認の不動産コンサルティングマスターが対応してくれます。

住まいと保険と資産管理など資産運用初心者の相談パートナー5選

住まいと保険と資産管理で相談できる資産運用メニュー

預金
外貨預金
債券
投資信託
株式
金融資産全体のバランスを見て、リスク対策を含めたさまざまなコンサルティングサービスを提供してくれます。キャッシュフロー表の作成や、最適なポートフォリオの提案など、全体を俯瞰したうえでサポートしてくれます。
不動産投資 土地・戸建からマンションの売買、投資用物件の紹介など、金融商品も含めてトータルでアドバイスをしてくれます。不動産投資では、常時2名の専属スタッフが対応。ファイナンシャルプランナーとも連携しながら、投資家の資産運用をサポートしてくれます。

会社概要

会社名:株式会社住まいと保険と資産管理
本社住所:東京都千代田区三崎町2-12-10 喜久屋ビル2階