HOME » 資産運用の相談で頼れるアドバイザーガイド

資産運用の相談で頼れるアドバイザーガイド

これから資産運用を始めたい初心者にとって、おすすめの相談先は?失敗しないパートナー選びのポイントを分かりやすく解説します。

▼資産運用初心者におすすめの相談パートナー5選はこちら▼

資産運用の相談はココがおすすめ!

資産運用(投資)の書籍をいくら読んでも、セミナーに参加しても、いざ独力で始めるとなると、かなり不安ですよね。そこでおすすめしたいのが、資産運用に関する専門知識を持ったプロに相談すること。

ただし、気を付けたいのが選び方。「資産運用の専門家」とひと口に言っても、タイプ別に得意分野があり、提案される運用方針も異なります。ここでは、大きく以下の3タイプを押さえておいてください。

  • 独立コンサル系・・・銀行や証券会社などのグループに属さないプロ集団。中立的な立場で、顧客のニーズにあった資産運用をアドバイス。
  • 銀行系 ・・・資産を「増やす」というより、貯蓄などで資産を「守る」のがメイン。窓口で気軽に相談できる一方、運用のプロは少ない。
  • 証券系・・・株式・FXなど、ハイリスク・ハイリターンな運用商品が充実。知識豊富な専門家は多いが、営業姿勢が強い担当に当たる場合も。

資産運用の初心者にとって、おすすめの相談パートナーは、ズバリ知識面も信頼しやすく、中立公正な立場で相談に応じてくれる独立コンサル系のアドバイザー。金融商品だけでなく、不動産など幅広い投資商品を揃えている点も、できるだけリスクを分散させたい初心者に相性抜群です。

資産運用の相談で評判の独立系コンサル会社リスト

ここでは、特にこれから資産運用を始める人にとって、おすすめの独立コンサル系会社を厳選。強みなどを分かりやすくまとめてみました。

みらいクリエイト

みらいクリエイトのホームページ画像

画像引用元:株式会社みらいクリエイト
(http://mirai-c.jp/)

女性にも優しいミドルリターンの資産運用相談におすすめ

顧客目線を持った資産運用のプロとして、根のある資産形成をサポート。具体的には、初心者でも失敗するリスクが低く、実りある資産運用のみを厳選して提案しています。信頼性の高い限定物件に特化した「不動産投資」をはじめ、資産の規模に応じて、初心者が始めやすいプランが揃うので安心です。

【相談料】無料

 

ココが特徴

窓口ひとつで多彩な資産形成ニーズに対応

今ある資産をもとに、さらにお金を増やしたいニーズに向けた「投資信託」、同じく安定的な収益を期待できる「再生エネルギー投資」、融資を利用して、より大きなリターンを臨める「不動産投資」と、初心者のニーズに応える資産運用をラインアップ。組み合わせることで、よりリスクを分散した運用も可能となっています。

初心者でも失敗しないマンション投資をサポート

信頼性が高く、おすすめできるワンルームや一棟マンションのみを推薦。特に一棟マンションにおいては、投資家のために、直接価格交渉をした物件を優先的に紹介しており、10%以上の高利回りを実現している実績もあります。基本的に頭金ゼロでスタートできるので、初心者が手掛けやすいのも特徴です。

公式ホームページで詳しく見る

住まいと保険と資産管理

住まいと保険と資産管理のホームページ画像

画像引用元:住まいと保険と資産管理
(http://www.mylifenavi.net/)

保険の見直しなどライフプラン相談におすすめ

全国各地のファイナンシャルプランナーが、フライチャイズ形態のような形で在籍。金融資産、不動産、保険など対応分野が広く、資産に関する”かかりつけ医”としてコンサルティングを展開。「リスクを軽減しつつ、健全なリターンを目指す」をモットーに、オーダーメイド型の資産運用サポートを行います。

【相談料】初回相談3,000円、次回以降5,000円~
(資産運用サポートパック)

 

ココが特徴

月額5,000円から総合サポートを展開

初回カウンセリングは3,000円、最初の1年間は総合サポート料が月額5,000円からと、利用しやすい価格が評判。ファイナンシャルプランナーの提案に不満な場合は、全額返金、または満足度に応じた一部返金の保証制度もあります。

ファミリータイプの不動産投資を推奨

不動産投資は、売却を見据えた出口戦略を提唱しており、ファミリータイプを中心に扱っています。不動産投資の専属スタッフ2名とファイナンシャルプランナーが連携し、資産運用をサポートしています。

公式ホームページで詳しく見る

FP法人ガイア

FP法人ガイアのホームページ画像

画像引用元:FP法人ガイア
(http://www.gaiainc.jp/)

退職金などまとまった資産運用相談におすすめ

もともと大手証券会社やメガバンクの出身者であるファイナンシャルプランナーが在籍。資産運用のプロとして知識・経験レベルはかなり高く、信頼できるアドバイスを受けられます。得意としているのは保険や株式、投資信託などの金融商品。退職金などまとまった資産運用についての相談実績が豊富です。

【相談料】年会費37,800円(顧問FPサービス)

 

ココが特徴

家族契約率が3割強

メインターゲットは、退職金の運用を考えている50~60代ですが、その子息も一緒にサービスを利用。世代を超えて家族ぐるみで相談にのってくれるのは、それだけ幅広い知識とノウハウがある証です。

一律の相談料で何度でも相談可能

顧問料として年会費を払うことで、専属のファイナンシャルプランナーが年2回の定期面談、電話やメールでの相談などに対応。追加料金は生じません。また、弁護士や税理士を交えた面談にも対応してくれます。

公式ホームページで詳しく見る

日本資産総研

日本資産総研のホームページ画像

画像引用元:日本資産総研
(http://www.jagi.co.jp/)

資産家や企業の資産運用相談におすすめ

確定申告や相続申告などを参考に、専任コンサルタントが、その投資家に本当に適したポートフォリオを提案してくれます。ポートフォリオ分析とリスク分析により、顧客の資産状況にあった対策案や、適切なプラン設計を継続的に提供。個人向けサービスのほか、法人向けサービスも展開しています。

【相談料】要問合せ

 

ココが特徴

不動産・相続コンサルティングに強い

不動産や相続を得意とするコンサルタントが多いのも特徴。物件の提案、売買サポート、管理ノウハウの提供、売却・相続に至るまでをトータルでコンサルティングしてくれます。

高機能な統合的コンサルティングツールを用意

WMWという統合的コンサルティングツールを利用しており、資産の現状分析から相続税までを視野に入れたゴールの設定まで、自動的にプランニング。そのうえで、適切な商品を提案しています。

公式ホームページで詳しく見る

アイリスコンサルタント

アイリスコンサルタントのホームページ画像

画像引用元:アイリスコンサルタント
(http://www.iriscon.co.jp/)

不動産・土地活用の相談におすすめ

不動産を得意としていますが、どの不動産グループにも属さないファイナンシャルプランナーですから、中立公平の立場で投資家に物件紹介が可能です。代表・野口豊一氏は、不動産業界で35年以上の実績を持つプロ。マンション開発から、経理・経営まで従事ノウハウを持って、投資家の相談に対応します。

【相談料】初回無料、次回以降15,000円~
(マンション購入・売却サポート)

 

ココが特徴

不動産投資に関する豊富なノウハウ

代表者は、不動産業界で35年以上の実績を持つベテランであり、ファイナンシャルプランナーの資格を早期に取得。金融商品も踏まえて不動産投資に関する多様なニーズに、応えてくれます。

ワンルームと一棟アパートが多い

投資物件のなかでも安定収入がいちばん得られるとされる新築・中古のワンルームマンション、一棟アパートを紹介。物件提案、ローンの相談、売却・相続までトータルで対応してくれます。

公式ホームページで詳しく見る

なぜ独立系コンサル会社がいいのか?

資産運用の相談ができる会社は、世の中にたくさんありますが、とりわけ資産運用初心者にとって独立系コンサル会社がよいのはなぜでしょうか。その理由について、さらに深く掘り下げました。

会社の「しがらみ」がない

営業担当のイメージ画像

例えば、銀行など金融機関で資産運用の相談をすると、大概その会社の社員が担当します。相談者の話を聞きながらも、自社の商品を提案する心理がどうしても働きます。もしかしたら、他行の商品のほうが有益な場合もあるでしょう。

これに対し、独立系コンサルティングの会社であれば、さまざまな金融機関の商品を扱っており、特定会社とのしがらみから比較的自由であるので、投資家にとって最適な商品を提案できます。

自社の利益ではなく、あくまで投資家の目線から提案できること。それが、独立系コンサルティング会社の大きな特徴のひとつです。

幅広い商品群から提案してくれる

商品資料のイメージ画像

資産運用は、株式やFX、投資信託などの金融商品だけではなく、不動産など多種多様にあります。多くの独立系コンサルティング会社では、このような金融商品以外についても、ひとつの窓口で対応してくれます。

例えば「みらいクリエイト」は、厳選した「投資マンション物件」のほか、安定収入が期待できる「再生可能エネルギー」の投資商品も用意。また、「住まいと保険と資産管理」や「日本資産総研」も、保険を含む多彩な資産運用を提案しています。

資産運用初心者にとって、金融商品に限らず幅広く手掛けることは、リスク分散にもなり、メリットと言えるでしょう。

▲資産運用初心者におすすめの相談パートナーをもう一度見る▲

銀行・証券会社でオススメの会社は?

「預金や債券で堅実に運用したい」「多少のリスクがあっても株式に挑戦したい」と、銀行系や証券系のパートナーに相談したい方もたくさんいるかと思います。
何よりも、ネームバリューと信頼性の高さがこのタイプの強み。

そこで、これらの会社で評判の良いところを5社ずつ厳選し、各社の特徴をまとめました。気になるところがあれば、詳細ページでチェックしてみましょう。

資産運用の相談で評判の銀行5選

  • 三井住友信託銀行・・・信託業務国内No.1。金融商品のほか不動産、オルタナティブ資産にも対応。
  • 新生銀行・・・外貨預金の取り扱い通貨は13種類。為替手数料の安さも魅力。
  • 三菱UFJ信託銀行・・・退職後の資産運用に注力。セカンドライフ・プランナーがサポート。
  • みずほ銀行・・・店舗内にグループの窓口があり、預金や株式、投資信託なども1カ所で対応。
  • りそな銀行・・・投資に関する顧客満足度が銀行業界No.1。個人向け資産運用を強化中。

資産運用の相談で評判の証券会社5選

  • 野村證券・・・野村総研などグループ会社によるリサーチ力・分析力が定評。
  • SBI証券・・・個人向け取引No.1の証券会社。業界最安値水準の手数料も魅力。
  • 大和証券・・・店舗窓口のサポートサービスが好評。初心者でも安心のコンサルティング。
  • 楽天証券・・・手数料の安さに加え、ポイントも貯まる。投資家の評判が高い取引ツールも注目。
  • SMBC日興証券・・・口座管理料が無料。支店の担当者が株取引のアドバイスをくれる。