投資商品の種類と
メリット・デメリット

資産運用と一言でいっても、預貯金や債券、株式、投資信託など、商品の種類はさまざま。このなかから自分の運用プランにピッタリなものを選ぶには、それぞれの特徴をしっかり把握しておく必要があります。
とりわけ大切なのは資産を減らさないための知識。すなわちリスクを知ることが、商品選びの重要なポイントのひとつになります。

リスクに精通して資産運用をサポート!
頼れる相談パートナーガイドはこちら

初心者でも始めやすい投資信託&不動産投資

最もリスクが少ない資産運用といえば、預貯金や国債でしょう。ただ、現在の日本は超がつく低金利時代。元本割れはない一方、リターンは期待できません。
そこでおすすめなのが、投資信託や不動産投資。実際の運用はプロが対応してくれますので、リスクもおさえつつ、初心者でもリターンを期待できる資産運用です。
失敗しないために何より重要なポイントは、信頼できる専門家を見つけること。専門家別に得意分野も違うので、その見極めが大事です。

投資初心者をがっちりサポート!
頼れる資産運用アドバイザーを徹底解説

資産運用を始めたいけど、知識がない、時間がないという方は、資産運用の専門家への相談サービスを活用してみましょう。
ただし、専門家には、タイプ別に得意分野があり、運用商品などに違いがあることをおさえておいてください。
ここでは、中立的な視点で資産運用を応援してくれる「独立コンサルティング系」、預金など堅実な商品を持つ「銀行系」、株式、FXなどハイリスク・リターン商品を揃える「証券系」の3タイプについて、サービスや強みを詳しく紹介します。

おすすめサポート会社の一覧を見る

資産運用アドバイザー企業一覧

資本金別
初心者のための資産運用の始め方

運用できる資金がいくらあるかということも、投資商品を選ぶひとつの要素となります。1,000円や1万円から始められる商品もありますが(預貯金なら1円でも可能)、できれば最低100万円くらいの運用資金を準備したいものです。利益をより多く得られるのはもちろん、分散投資によってリスク回避にもつながるからです。ここでは、初心者のための資産運用の始め方のほか、元手となる資金別にどのような運用をしていくのが得策なのか、資産運用のヒントをご紹介します。

【ステップ別】初心者のための資産運用の始め方はこちら>>

資本金300万円~の場合

初心者は、リターンは少なくても、確実に増やせる方法からスタートしていきましょう。そして、できるだけリスクの低い商品を選ぶことも大切。
預貯金や個人向け国債など、ローリスク・ローリターンの商品で地道に増やすのも一手ですが、初心者でも始めやすいのが投資信託。ファンドマネージャーという資産運用のプロに任せるのもおすすめです。300万円もあれば十分足りる運用法ですし、相応の利益も期待できます。

詳細を見る

資本金500万円~の場合

元手が500万円ある方なら、株式投資にチャレンジ。割安な株を購入し、じっくり時間をかけて上昇していくのを待ち、ここぞというところで売却する。そのタイミングは知識やノウハウが必要ですから、始める前にはしっかり勉強をすることが失敗しないための鉄則です。
500万円もあれば、不動産投資も十分可能です。例えばマンション投資なら、頭金ゼロで始められる可能性もあり、中長期的にミドルリスク・ミドルリターンが期待できます。

詳細を見る

資本金1000万円~の場合

1,000万円もあれば、分散投資をしながら積極的に運用できる余裕もあります。不動産投資なら区分マンションを2~3室持つことも可能ですし、一棟アパートなども視野に入れられるでしょう。また、リスク分散により注力したいという方には、投資信託も検討してみましょう。
安全性の高い中期国債ファンドや不動産投資信託など、ローリターンでも確実に増やせる方法を模索し、いまある資産を肥やしていきましょう。

詳細を見る

初心者が投資で失敗しないための考え方

どんなことでも、最初は慣れずに不安になり、ときに失敗することだってあります。
資産運用も同じ。最初からどんどん増やせる人などほとんどいません。ですが、失敗も含め一つ一つ学んでいって慣れることで、確実に資産を増やせるテクニックを身に付けられるのです。
ここでは、最初のステップである「資産運用の始め方」にポイントをしぼり、失敗しないためのポイントを紹介します。

  • 自分のライフプランを明確にしよう

    資産運用は、自分のライフスタイルや将来の人生設計に直結するものです。自分にピッタリな投資商品を選ぶ前に、資産運用の目的や目標を明確に決めることが先決。
    例えば、何歳までに結婚して家を購入するか、子どもは何人欲しいか、老後はどんな生活をしたいかといったライフプランをできるだけ具体的に描き、そのうえで必要な資産を貯めるために有益な投資商品を選ぶ。それが、資産運用で失敗しないための鉄則なのです。

  • 目的にあった商品を選ぼう

    ライフプランが明確になれば、おのずと投資商品がしぼれてきます。また、現在のライフスタイルから運用できるもの、できないものも定まります。例えば、本業が忙しい方がデイトレードのFXを行うのは厳しいでしょうし、勉強嫌いの方が株で一儲けするのも難しい話でしょう。
    自分のタイプや性格、さらには得意分野や弱みをきちんと把握することで、自分なりの投資スタイルが確立でき、性に合う投資商品を選べるようになるのです。

  • 信頼できる資産運用のプロを探そう

    初心者は、資産運用のプロに相談をしながらライフプランや商品選びをしていくのがベター。実際、将来のライフプランを決められても、いくら必要なのかというところまで把握するのは、投資初心者には難しいところでしょう。
    プロは、これから必要な金額を具体的に提示するのも仕事のひとつ。さらに、目標額を設定し、数パターンの運用シミュレーションを行うことで、達成するために最適なプランを提案してくれます。

  • 最初は少額からスタートしよう

    慣れるまでは、少額でもいいので確実に増やせる方法で運用していくこと。コツをつかんできたら、運用資金を増やし、さまざまな分野にチャレンジしていきましょう。資産運用は、このようにステップアップしながら進め、その時々の状況に合わせて方針を変えながら進めていくものです。
    習熟するためには、少額でもいいからとにかく始めてみること。第一歩を踏み出すことが、明るい未来を実現するための方法なのです。